過払い金の請求ができる理由

過去に消費者金融や信販会社からお金を借りたことのある人なら、そのお金が戻ってくる可能性があります。払い過ぎたものを戻して欲しいということを、過払い金の請求と呼びます。

日本経済新聞関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

なぜこのようなことができるのかというと、法律に反して支払い過ぎていたということがあるからです。



わかりやすく言うと、貸す業者が違法な金利で融資を行っていたからだといえるでしょう。
違法な金利というと、もしかするとヤミ金から借りていたのかもしれないとそう考える人がいるかもしれませんが、実はそうではなくて、大手の消費者金融に対しても過払い金の請求ができるケースもあります。大手であっても、やはり違法な金利で融資を行っていたことが理由だと考えればわかりやすいでしょう。


大手でも違法な行為をしていたのですから、大手もヤミ金のようなものだと考えてしまうかもしれませんが、実はそうではなくて、過去にはそれが業界内で普通だったのです。

そもそも過払い金の請求ができる原因となったのがグレーゾーン金利で、これは利息制限法と出資法の2つの法律の上限金利の差を指します。

ビジネス視点でセゾンの過払い金サービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

法律が2つあって、それらの解釈が曖昧であったために、大手であっても法律の上限を超えた金利で融資を行っていたといえるでしょう。


かつてはそれが当たり前だったのですが、現在ではそれが当たり前ではないということになり、今になって過払い金の請求をすることができるようになったのです。

可能性があるなら相談してみましょう。